ここから本文です

円高関連倒産、8年半で622社---「円高進行は大型倒産を招く」

レスポンス 9/12(月) 10:00配信

帝国データバンクは、サブプライム・ローン問題が発生した2007年を境に進んだ円高を機に、2008年1月以降、円高関連倒産の集計を開始、約8年半経過した間の倒産件数推移や業種別、負債額などについて分析した。

それによると円高関連倒産は、2008年1月の調査開始以来2016年8月までに622社となっている。2012年7月と10月に単月で最多の17件を記録し、その後は減少したものの、当時の円高影響で現在も倒産が散発されるとしている。

業種別では、円高関連倒産で「製造業」が約半数を占める。円安では「卸売業」「運輸・通信業」が上位となる。

これまでの円高関連倒産の原因は、「デリバティブ損失」が181社でトップ。次いで生産拠点の海外シフトなどの「空洞化」で178社、受注減少が106社、輸出不振が76社となった。

負債規模別では、円高関連倒産で負債5億円以上の倒産が構成比で約4割を占める。その一方で、円安は約2割にとどまっており、円高は円安に比べて負債額が大きくなる傾向にあるとしている。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/12(月) 10:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。