ここから本文です

妄キャリ “1000本の廃傘アート”MV公開 シングルにはClariS「irony」カバーも収録

エキサイトミュージック 9月12日(月)12時45分配信

でんぱ組.incを輩出した“秋葉原ディアステージ”発の6人組アイドルユニット・妄想キャリブレーション。テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』9月度エンディングテーマとなっている彼女たちの新曲「アンバランスアンブレラ」(9月28日発売)のミュージックビデオが公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

YouTube公開に先がけて、9月4日より、東京・渋谷と大阪・心斎橋アメリカ村の街頭ビジョンにて先行上映され、一足早く目撃したファンによってSNS等で拡散されていた今作のミュージックビデオは、「アンバランスアンブレラ」というタイトルから、1000本以上もの廃傘を使って組みあげられた、圧巻のセットが見どころ。

意中の男の子に想いを届けるために、妄キャリメンバーで協力して、集めた廃傘で巨大パラボラアンテナを作るというストーリー。その結末にも注目だが、特に、床一面に敷き詰められた廃傘がライトアップされるシーンは、まさにミュージックビデオの域を超えた“廃傘アート”と呼ぶにふさわしい映像美に仕上がっている。

またカップリングでは、ClariS「irony」(アニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第1期オープニング)を、DJ'TEKINA//SOMETHINGによるアレンジでカバーする。自身初となるアニソンカバーは、「いつか妄キャリでアニソンを歌いたい!」という、彼女たちのかねてからの夢への第一歩となる挑戦であり、今週末9月17日に出演する『イナズマロック フェス 2016』のステージ上にて初披露されることも決定した。

◆妄想キャリブレーション(桜野羽咲)コメント
今回のミュージックビデオは初めて外でセットを組んでの撮影でした!
1000本の廃傘やクラブダンスシーン、ストーリーが進むにつれての私たちの表情など注目してほしいところがたくさんあります!
カップリングではClariSさんの「irony」をカバーさせていただきました。
「いつか妄キャリでアニソンを歌いたい!」という私たちの夢への第一歩です。
私たちなりにしっかり自分の中に落とし込みパフォーマンスしたいと思っています。
イナズマロックフェスでの初披露が楽しみです!
「いつか妄キャリがアニソンを歌ったら…」と妄想しながら聴いてください!

最終更新:9月13日(火)12時30分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。