ここから本文です

寄り付きの日経平均は反落、米株急落を嫌気

ロイター 9月12日(月)9時19分配信

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比217円40銭安の1万6748円36銭と反落して始まっている。米早期利上げ観測の高まりを背景に前週末の米国株が大幅安となったことを受け、幅広く売りが先行した。

世界的な金利上昇や原油安も投資家心理を悪化させた。安寄り後は日銀によるETF(上場投信)買いの期待からやや下げ渋る展開となっている。鉄鋼、鉱業、精密などがさえない。保険はしっかり。

寄り付き前に発表された7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比4.9%増(ロイターの事前予測調査では3.5%減)と予想を上回ったが、相場への影響は限定的となっている。

最終更新:9月12日(月)9時19分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]