ここから本文です

ジョー・マンガニエロ、新作『バットマン』映画でデスストローク役に!

cinemacafe.net 9月12日(月)18時15分配信

ベン・アフレック主演の新作『バットマン』映画で悪役デスストロークを演じるのがジョー・マンガニエロであることがわかった。

【写真】ジョー・マンガニエロ/フォトギャラリー

先日、同作品の脚本と監督も務めているベンは悪役としてデスストロークが登場することを明かしており、この役を演じているのがジョーだということが発覚するまでそれほど時間はかからなかったかたちだ。

いまのところデスストロークがメインの悪役なるかは分かっていないが、重要な役どころになることは間違いなさそうだと「Deadline」は報じている。

今年公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』からバットマン役を務めているベンは、8月末にカメラに向かって睨みをきかせながら登場するスレイド・ジョセフ・ウィルソンまたの名をデスストロークの姿が映し出されたショートビデオを自身のツイッターで公開していた。

さらにベンが公開した動画の終わりのほうにはチタンクールの簡易エアーコンディショナーが映し出されていたため、ファンの間ではDCコミックの悪役としてお馴染みのミスター・フリーズも登場するのではないかとうわさされている。

(C) BANG Media International

最終更新:9月12日(月)18時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。