ここから本文です

【ギフトショー16】肩車用サドル…長時間でも疲れにくい

レスポンス 9/12(月) 12:45配信

小さい子供がいると肩車をせがまれる親も多いだろう。しかし、肩車を長時間するのはなかなかしんどいものだ。そんなときに便利なものを出展したのがノーズ(本社・兵庫県宝塚市)だ。

[関連写真]

商品名は「サドルベビー」。米国の企業が開発したもので、ノーズの関係者が米国を訪れた際に見つけて輸入販売することになった。「米国ではかなり売れている商品で、最近では韓国でも人気になっています。日本では1カ月ほど前から販売していますが、反響が大きく、売れ行きも徐々に上がっている」と同社関係者は説明する。

その特徴はサドルにある。軽量で頑丈な高品質のポリウレタンフォームを使用し、人間工学に基づいた形状で体重を分散できるようになっているのだ。しかも、胸のベルトを締めることによって、体重を体幹で支えて疲れにくくなるそうだ。

対象年齢は2歳~6歳までで、10kgの体重まで大丈夫とのこと。通常の肩車だと、両手で子供の足を支える必要があるが、このサドルベビーは手で支える必要はない。したがって、両手が自由になり、荷物を持つこともできる。災害時などでは、1人を肩に2人は手をつないで3人の子供を連れて避難できるわけだ。ちなみに価格は1万2500円。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:9/12(月) 14:54

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]