ここから本文です

【コリアC】クリソライト圧勝 日本馬ワンツーフィニッシュ

デイリースポーツ 9月12日(月)6時5分配信

 「コリアC・韓国G1」(11日、ソウル)

 レベルの違いをまざまざと見せつけた。22年のパート1国昇格を目指す韓国が、今年新設した国内賞金最高金額レース(ダート1800メートル、16頭立て、総額10億ウォン=約9000万円)は、日本馬2頭のワンツー決着となった。

 後続の馬がついていけず、先行集団で運んだ日本馬2頭が4角で早くも大きく引き離すマッチレースの展開に。韓国で活躍する日本人ジョッキー・藤井勘一郎騎乗のクリソライト(牡6歳、栗東・音無)が最後は突き放し、1着賞金約5000万円を手にした。

 藤井は「きょうの勝利はチーム一丸で勝ち取ったものです。栄えある第1回のレースに騎乗できて光栄です」と感激の様子。音無師は「ジョッキーに指示していたのは前につけてほしいということと、1コーナーで外に出してほしいという2点だけ」と明かし、「理想通り、最高の乗り方をしてくれました」と鞍上の手腕を褒めた。

 2着は幸騎乗のクリノスターオー(牡6歳、栗東・高橋忠)が入り、3着以下に大差をつけて圧倒。韓国最強馬と言われる今年の三冠馬パワーブレイドは4着に敗れた。

最終更新:9月12日(月)7時48分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。