ここから本文です

『人喰いの大鷲トリコ』発売延期、最終段階でバグ発生

インサイド 9月12日(月)21時10分配信

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PS4ソフト『人喰いの大鷲トリコ』の発売延期を発表しました。

本作は『ICO』や『ワンダと巨像』を手がけたゲームデザイナーの上田文人氏によるアクションアドベンチャーゲームで、プレイヤーは少年となり、人喰いと恐れられる「大鷲のトリコ」とともに、忘れ去られた巨大遺跡を冒険していきます。タイトルの発表自体は2009年に行われ、2016年6月に発売日が10月25日に決定したことが発表されましたが、最終段階で予想以上のバグが発生し、12月6日に延期することが今回明らかに。SIEワールドワイド・スタジオプレジデントの吉田修平氏は以下のようにコメントしています。

■吉田修平氏のコメント
「2016年10月25日(火)に発売を予定していた『人喰いの大鷲トリコ』ですが、開発チームの思い描く体験をお届けするにはもう少し時間が必要だと判断し、発売日を2016年12月6日(火)に延期することにいたしました。ゲームデザイナー上田文人氏、gen DESIGN、そしてSIE ワールドワイド・スタジオJAPAN Studioが『人喰いの大鷲トリコ』に込めたビジョンは、壮大かつ大変素晴らしいものです。しかしながら、開発の最終段階で予想以上のバグが発生しており、これらに対処し、『人喰いの大鷲トリコ』の開発チームの思い描く体験をお届けするには、時間が足りないとの決断に至りました。長きに渡り支えてくださっている多くのファンの皆様にはもう少しお待ちいただく事になりますが、引き続き全力で開発に取り組んでまいりますので、皆様のご理解と変わらぬご支援の程何卒よろしくお願いいたします。発売に向けて、新しい要素などをお披露目していきますので、ご期待ください。」

最終更新:9月12日(月)21時21分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。