ここから本文です

SMOP?はぐれIGF軍団?“三股疑惑”岡本はどこを選ぶ?

東スポWeb 9月12日(月)16時54分配信

 リアルジャパン10日のディファ有明大会ではぐれIGF軍団の不協和音が浮き彫りとなった。

 この日、はぐれ軍のケンドー・カシン(48)、鈴木秀樹(36)、将軍岡本(32)は、スーパー・タイガー、折原昌夫、間下隼人組と対戦。しかし岡本の攻撃が3度もカシンを誤爆。怒ったカシンは岡本にパイプイスで制裁を加え、最後は岡本がタイガーにKOされて完敗を喫した。

 予兆はあった。岡本の“三股疑惑”だ。はぐれ軍に所属しながら、曙率いるSMOPに加入。さらにはコッソリと野獣・藤田和之(45)の「チーム藤田」入りしていたことまで発覚した(2日付本紙既報)。軍団員の不信感は高まる一方…。それでも岡本は試合後に「三股してすいません」と笑顔で開き直り謝罪する始末だった。

 迷走を続けるはぐれ軍だが、東京愚連隊10・1新木場大会で一つの結末を迎えそうだ。「SMOP対はぐれIGF軍団」として曙、岡本組VSカシン、岡本組という不可思議なカードが決定したのだ。つまり岡本に「どちらに入るのか」との決断を迫るわけだ。「こちらは岡本の真意を知りたい。横綱は元子さんの真意が知りたい。その思惑が一致した」と意味不明の言葉を放ったカシン。果たして岡本が選ぶ道は…。

最終更新:9月12日(月)16時54分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]