ここから本文です

【MotoGP第13戦】サンマリノGP D・ペドロサ タイヤチョイスがはまり今季初優勝

エコノミックニュース 9/12(月) 9:07配信

 2016年9月11日、MotoGP第13戦サンマリノGPの決勝が行われた。決勝の舞台となったのはミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ。全長4,226mのこのサーキットは、低中速コーナーが連続するテクニックを要するコースレイアウトとなっている。

 2007年にコースを全面改修して以後、毎年MotoGPが開催されているこのサーキットは、バレンティーノ・ロッシ(モビスターヤマハMotoGP)の生家が近いことでも知られており、毎年スタンドはロッシ・イエローで埋め尽くされる。今年も例年通り数多くのロッシファンが詰めかけ、レースを盛り上げた。

 予選で1番時計を叩き出し、ポールポジションを獲得したのはホルヘ・ロレンソ(モビスターヤマハMotoGP)。2番はV・ロッシ、3番は前戦のイギリスGPで優勝したマーベリック・ビニャーレス(チームスズキエクスター)。ポイントリーダーのマルク・マルケス(レプソルホンダ)は4番グリッドスタートとなり、モビスターヤマハMotoGPのワンツー体勢で決勝を迎えた。

 気温27℃、路面温度42℃のドライコンディションでスタートした決勝、ホールショットを決めたのはポールポジションからスタートしたJ・ロレンソだった。それにV・ロッシ、M・ビニャーレスと予選の順位通りに続き、スタート直後は大きな混乱は見られなかった。

 レース序盤の2周目、V・ロッシがJ・ロレンソを抜き、先頭に立ち、そのまま好ペースでレースを引っ張った。

 これに対して3番手以降は、M・マルケス、M・ビニャーレス、ダニ・ペドロサ(レプソルホンダ)、アンドレア・ドビツィオーゾ(トゥカティ)などが目まぐるしくポジションを変える接戦となった。そんな接戦の中、抜きん出た速さを見せたのがD・ペドロサだった。8番グリッドからスタートしたD・ペドロサはレース序盤から好タイムを連発し、順位を徐々に上げていった。14周目にはチームメイトのM・マルケスを抜き3番手まで浮上。ファステストラップを叩き出しながら前を行くJ・ロレンソ、V・ロッシを猛追した。

 D・ペドロサの勢いはレース後半になっても衰えず、17周目には2番手のJ・ロレンソをパス。22周目にはトップを走るV・ロッシに追いつき、コーナーのインから攻め、接触ギリギリのバトルを制して先頭を奪った。

 トップに立ったD・ペドロサはそのまま快調に飛ばし、2番手のV・ロッシとの差を徐々に広げつつも、安定感のある走りを見せ、最後は余裕のウィリーでフィニッシュ。他のライダーがミディアムもしくはハードという固めのタイヤを選ぶ中、ただ一人ソフトタイヤをチョイスし勝負に出たD・ペドロサが見事に勝利を収めた。

 2位はV・ロッシ、3位はJ・ロレンソ、4位はM・マルケス、5位はM・ビニャーレス。D・ペドロサの優勝は今季初、昨年のマレーシアGP以来となる。

 この結果によって変化が出たのがチャンピオンシップ争いだ。ポイントランキング2位につけるV・ロッシ(180ポイント)は、ポイントリーダーのM・マルケス(223ポイント)との差を7ポイント詰め、現時点での差は43ポイント。M・マルケスの欠場やリタイア、ノーポイントレースがあれば、一気にその差を詰め、逆転も十分に狙える点差なだけに、今後もチャンピオンシップからは目が離せない。

 また、ここ数戦奮わなかったポイントランキング3位のJ・ロレンソも今戦では3位表彰台を獲得。今後チャンピオンシップの行方にも大きく関わってきそうだ。

 さらに、今季のMotoGPを面白くしているのが優勝者の顔ぶれだ。今季はM・マルケス、V・ロッシ、J・ロレンソ、D・ペドロサ、M・ビニャーレス、アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)、ジャック・ミラー(エストレージャ・ガルシア・0,0・マークVDS)の8名が優勝を手にしている。ルーキーからベテランまで幅広いライダーがそのポテンシャルの高さを見せているだけに、今後波乱の展開となる可能性もある。そういった意味でも今季は非常に面白いシーズンだ。

 今季のMotoGPも残り5戦。次戦アラゴンGP決勝は9月25日に行われる。次戦はM・マルケスやD・ペドロサ、J・ロレンソなど、スペイン人ライダーにとっては母国開催となる。彼らが意地を見せるのか、そしてM・マルケスとV・ロッシのチャンピオンシップ争いに新たな展開はあるのか、また新たな優勝者が出て来るのか――次戦も見逃せないレースとなるだろう。(編集担当:熊谷けい)

Economic News

最終更新:9/12(月) 9:07

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。