ここから本文です

三軒茶屋で「世田谷アートフリマ」 体験コーナーやワークショップも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月12日(月)11時59分配信

 三軒茶屋のキャロットタワー(世田谷区太子堂4、TEL 03-5432-1543)にある「生活工房」で9月17日・18日、「世田谷アートフリマ」が行われる。(三軒茶屋経済新聞)

世田谷区非公式マスコットキャラクター「せたがやじん」

 「手作りアートの蚤(のみ)の市」として市民の手作り雑貨販売や発表、作品作りを行う同イベント。キャロットタワー3~5階に入る生活工房の全フロアを使って開催され、2日間で約160組のアーティストが参加する。

 3階は「体験ワークショップコーナー」として羊毛フェルトのバッジ作りやシルクスクリーンを使ったランチバックプリント、プラ板アクセサリー制作などのワークショップを行う。いずれも予約不要で当日参加できる(有料)。

 4階「販売ブース」では作家のオリジナル雑貨やイラスト、写真などを展示・販売。併設の軽食コーナーでは三軒茶屋名物の「ラヂオ焼き」や世田谷区の非公式マスコットキャラクター「せたがやじん」のパンなどを販売する。5階には実演ブースを設け、作家の制作過程が見られるという。

 同イベントは2003年に始まり今回で26回目。「もの」を通じて世田谷に関心を持つためのきっかけの場としてスタートし、アート作品のほかに地元のお菓子やカフェなどが出店するのが特徴。地域を世田谷に限定することで「つながり」が生まれやすいイベントとして続いているという。

 関連イベントとして生活工房ギャラリーでは現在、「世田谷アートフリマつながり展」を開催中。同イベントにゆかりのある10組の作家の作品を展示する。25日まで。

 生活工房の担当者は「一人でも家族連れでも楽しめるようにさまざまなコンテンツを用意した。秋の一大イベントに遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~17時。入場無料。「世田谷アートフリマつながり展」は9時~20時。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月12日(月)11時59分

みんなの経済新聞ネットワーク