ここから本文です

北朝鮮メディア 「堂々たる核保有国」を宣伝

聯合ニュース 9月12日(月)11時21分配信

【ソウル聯合ニュース】5回目の核実験を強行した北朝鮮がメディアを通じ、「核保有国」であることを盛んにアピールしている。

 北朝鮮のインターネットメディア「メアリ」は12日、「敵対勢力が認めようが認めまいが、わが共和国(北朝鮮)は堂々とした核保有国だ」と題する記事を掲載した。

 同メディアは、国家科学院電子工学研究所の研究者がインタビューに対し「米国とこれに追従する勢力が反共和国(北朝鮮)制裁圧殺騒動にしがみつくほどわれわれの核兵器開発はより高い水準に達する」と話したと伝えた。

 同じく北朝鮮のネットメディア「朝鮮のきょう」は、「半世紀以上も続く米国の核による威嚇、恐喝がわれわれを核保有に追い詰めたとすれば、核強国の地位に堂々と上り詰めた今日に至っても日増しに露骨になっている米国の反共和国敵視策動は、われわれを核兵器の高度化に進ませるだけだ」と主張した。

最終更新:9月12日(月)11時31分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。