ここから本文です

志田未来、23歳での結婚願望かなわず先延ばしも「現実味がないので…」

映画.com 9月12日(月)20時45分配信

 [映画.com ニュース] 女優の志田未来と俳優の竜星涼が主演する映画「泣き虫ピエロの結婚式」の完成披露試写会が9月12日、都内のホールで行われた。

【フォトギャラリー】ウエディングドレス姿の志田未来ら、その他の写真はこちら

 映画の中で結婚式を挙げる2人は、ウエディングドレスとタキシードという正装でそのシーンを再現。志田が「私、結婚しましたって言いたいくらい」と笑顔を見せれば、竜星も「気が引き締まりますね。結婚しましたって感じ」と波長を合わせた。

 志田はもともと結婚願望が強く、「以前は23歳までにしたいと言っていたけれど、無理なので2~3年延ばして25~6歳で」と先延ばし。さらに、「でも現実味がないので、その年になったら27~8歳でと言っていると思う。結婚式は、ウエディングドレスは仕事で着ているので白無垢(むく)が着たい」と複雑な乙女心をのぞかせた。

 これに対し竜星は、「あまり願望はないけれど、同級生や周りの友達が結婚したり子供が生まれたというおめでたいニュースがこの1年くらいであった。僕は40歳手前でできたらいいかな」と悠然とした構え。だが、会場のファンから「遅い」の声が上がると、苦笑いしながら「じゃあ、20代後半で」とあっさり前言を撤回した。

 見習いピエロを演じた志田は、ジャグリングなどの猛特訓を積んだが「見ていると簡単そうだけれど、ものすごく難しかった。センスが問われるものですね。でも、竜星くんが来て『ちょっと貸して』と言ってやったら1回でできちゃったので、悔しくて早く帰ってほしいと思った」と憎まれ口。竜星は、「好奇心が先に立っちゃいましたね。楽しそうと思ってやったらできちゃったんですよ」とドヤ顔を見せていた。

 「泣き虫ピエロの結婚式」は、ピエロを夢見る佳奈美が生来のじん臓疾患と闘う陽介と恋に落ち、さまざまな苦難に立ち向かいながら愛を貫く実話に基づく感動作。志田は、「悲しい、つらいと思うシーンはもちろんあるけれど、見終わった後には心があったかくなる作品です。ぜひ、大切な方と見てください」と言葉に力を込めた。10月8日から全国で公開される。

 なお、舞台挨拶には共演の新木優子と御法川修監督も登壇した。

最終更新:9月12日(月)20時45分

映画.com