ここから本文です

CNBLUE ニューアルバム「EUPHORIA」より感謝と祝福の「Glory days」MV公開

エキサイトミュージック 9月12日(月)18時45分配信

CNBLUEが、10月19日発売となる5作目のオリジナルニューアルバム『EUPHORIA』(よみ:ユーフォリア)より、リードトラックとなる「Glory days」のミュージックビデオを公開した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Glory days」は、今年メジャーデビュー5周年を迎えたCNBLUEが、共に歩んできたファンへの感謝と祝福、そして未来への希望を描いたアニバーサリーアンセム。ミュージックビデオでは、過去から未来へつながる楽曲のストーリーが、CNBLUEメンバーと、客演の少年によって表現されている。

撮影ではCNBLUEのアイディアの根源となるインスピレーションを表現するために、4つの撮影セットが用意され、そのセットの中で、ヨンファが「直感」、ジョンヒョンが「視覚」、ミンヒョクが「触感」、ジョンシンが「聴覚」をそれぞれが体現している。

作品中登場する少年は、導かれた森の中で、インスピレーションとの出会いを経験しながら成長をしていく。その姿はまさにCNBLUEの軌跡を表したものとなっており、バンドとしてデビューを経て、今まで経験した出会いと成長、そして未来への期待として準えることができる。

メンバー全員での演奏シーンにおいては、華やかなショーライティングと紙吹雪で、デビュー5周年の祝福感が演出され、まさにアルバムタイトル「EUPHORIA」=幸福へと昇華させる内容となっている。

この「Glory days」のミュージックはフルサイズで、下記URLにてYou Tube公開がスタート。

最終更新:9月17日(土)18時30分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。