ここから本文です

【特別映像】英国イケメンが“一歩を踏み出す勇気をくれる”…『セカキラ』

cinemacafe.net 9/12(月) 19:30配信

先日、全世界興収が2ドルを突破した大ヒット・ラブストーリー『世界一キライなあなたに』。まもなく9月に入って2週間。新学期や、新しい半期に突入するあなたに、『セカキラ』から“背中を押してくれる”特別映像が解禁となった。

【画像】『世界一キライなあなたに』エミリア・クラーク

「世界で最も美しい顔2012」1位に輝いたこともある、人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークと、『あと1センチの恋』で女子の心を鷲掴みにし、今年は『ライオット・クラブ』も順次公開中のサム・クラフリンという注目の英国俳優の共演で贈る本作。

今回解禁となったのは、“一歩を踏み出す勇気をくれる”セリフが詰まった本作のキーとなる本編映像だ。暑かった夏が少しずつ終わりを見せてくると、ほんのちょっぴりの寂しさを感じながら、「このままでいいのかな」と、ふと自分のいる場所を振り返ってみたくなる…秋はそんな季節なのかも。心の迷いを隠したまま、毎日を過ごしてモヤモヤするくらいなら、思い切って新しいことを始めてみるのも一つの手! 今回の映像では、主人公の普通の女の子ルーに、ウィルがかける言葉がポイントとなる。


26歳にして失業中、将来の展望が全く見えないルーが出会ったのは、不慮の事故で生きる希望を失った大富豪ウィル。2人は運命的な恋に落ちるが、ある日、彼の決めた“生きる時間”があと半年ということを知ってしまう。彼の精神的支えになるべく奮闘するルー。彼と毎日を過ごすうち、気づいたら彼女も支えられ、そして新しい世界に向かって背中を押されていた…。

事故に遭う前までは、成功を収めた若き実業家で超ハンサム、恋も仕事も、人生す
べてを大いに謳歌していたウィル。しかし、車椅子生活になり、自分自身の人生を本気で見つめた彼が、“故郷の田舎町から一度も外に出たことがない”というルーを見て、思うことはただ1つ。

「君を見るたび、可能性を感じる。視野を広げなきゃ。一度の人生をフルに活用すべきだ」――。ウィルの真摯な気持ちは、26歳にして自分の人生を諦めかけているルーに届くのか!? 彼の言葉に、こちらまで勇気をもらえる1シーンとなっている。

『世界一キライなあなたに』は10月1日(土)より新宿バルト9、 梅田ブルク7ほか全国にて公開。

最終更新:9/12(月) 19:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]