ここから本文です

シリア停戦、反体制派が合意に「積極的協力」 懸念も表明

ロイター 9月12日(月)10時4分配信

[ベイルート 11日 ロイター] - シリア内戦をめぐり米国とロシアが合意した停戦について、シリア反体制派グループが11日、「積極的に協力する」との意向を米国に書簡で伝えた。

停戦はアサド政権を支援するロシアと一部の反体制派を支援する米国の間で合意。12日の日没から発効となり、過激派組織の一部は停戦対象にならない。

反体制派側が確認した書簡によると、「停戦の目的に積極的に取り組むわれわれの位置付けを再確認する」と表明。一方で、合意内容についての懸念も示しており、履行の保証、監視体制、違反に対する制裁について合意に盛り込まれていないと指摘。過去の停戦で政府軍に停戦破棄を許したのはそうした点が要因だったと主張した。

また人道支援についても、合意では反体制派と政府軍との激戦が続く北部アレッポにしか触れていないことから、「すべての包囲地域に例外なく支援が必要だと訴える」と述べた。

最終更新:9月12日(月)10時4分

ロイター