ここから本文です

泥沼バレンシア、1999-00シーズン以来となる開幕3連敗/リーガ第3節

GOAL 9月12日(月)7時25分配信

11日のリーガエスパニョーラ第3節、バレンシアは本拠地メスタージャでベティスとの試合に臨み、2-3で敗戦した。

第1節ラス・パルマス戦(2-4)、第2節エイバル戦(0-1)を立て続けに落としていたバレンシア。メスタージャでのこの一戦で初勝利を飾りたいところだったが、またも失望を味わうことになった。

パコ・アジェスタラン監督率いるチームはまず37分、ピッチーニとホアキンに左サイドを切り崩され、ファーでフリーとなっていたルベン・カストロのシュートを許して失点。さらに54分にはホアキンに最終ラインを突破されてリードを広げられた。

バレンシアはその後反撃に転じ、76分にパレホのスルーパスからロドリゴが1点を返し、その3分後にはCKからガライが同点弾を記録。これでメスタージャの興奮は最高潮となったものの、93分にピッチーニの折り返しからまたもR・カストロにネットを揺らされ、観衆は無言のままスタジアムを後にすることになった。

欧州カップ戦出場権を獲得できず、リーガのサラリーキャップ制によって予算縮小を強いられパコ・アルカセル、ムスタフィ、アンドレ・ゴメスらを今夏に売却したバレンシアだが、リーガ3連敗はエクトル・クーペル監督が率いた1999-00シーズン以来となる。だがアジェスタラン監督はチームの現陣容への自信を見せ、今後の巻き返しを誓った。

「とても痛い敗戦だ。3点目に近づいていたように思えたが、最後の1分間で罰を与えられてしまった」

「しかし私はこのチームを信じているし、前へ進んでいけるという確信がある。チームの陣容は素晴らしいものだと思っているからね」

なお1999-00シーズン、バレンシアは最終的に勝ち点64を獲得して3位でシーズンを終えた。今季のバレンシアも、ここから上昇気流に乗ることができるだろうか。

GOAL

最終更新:9月12日(月)7時25分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]