ここから本文です

ソフトバンク、Massive MIMOの商用サービス開始へ

EE Times Japan 9/12(月) 10:35配信

■混雑時でも高速通信を可能に

 ソフトバンクとWireless City Planningは、第5世代移動通信(5G)システムの導入に向けて、「5G Project」を開始すると発表した。同プロジェクトの第1弾として、2016年9月16日から「Massive MIMO」サービスを「世界で初めて」提供する。

 同社によると、モバイルデータ通信量はこの10年間で2300倍と爆発的に増加しており、今後も増加すると予測されている。そのため、ネットワークをより強化する必要がある。しかし、基地局は超過密状態で、都市部に基地局の数を増やすのは困難である。

 そこで、これからのネットワーク強化として同社が掲げるのが、「1基地局当たりの容量を増やすこと」、Massive MIMOの導入である。Massive MIMOの特長は、ネットワーク容量がTD-LTE基地局(AXGP)と比較して最大10倍。アンテナ数は、TD-LTE基地局が4本または8本なのに対して、Massive MIMOは最大128本であることだ。

 また、電波の放射エリアを特定方向へ集中させる「ビームフォーミング」技術と組み合わせることで、混雑時でも高速通信を実現できるという。ソフトバンクのモバイル技術本部ネットワーク企画統括部で統括部長を務める北原秀文氏は、同社のWebサイト上で「Massive MIMOの登場によって、今まで1階だけの平屋だった空間を、マンションのように複数階の空間にすることができる。つまり、平屋で何人かでシェアしていたネットワークが、一人一人に個別の部屋が割り当てられるイメージになる」と述べている。

■全国43都市100局で開始

 同社が都内4カ所、試験端末15台で行ったMassive MIMOの実行速度調査では、平均6.7倍の高速化を実現。浅草では約6倍、新橋で約7倍、飯田橋で約5倍、新宿で約9倍高速になったとする。さらに、100人が同時に1Mバイトのファイルをダウンロードする実証実験を行ったところ、100人全員が10秒間でダウンロードに成功したという*)。

*)立川市制50周年記念 憩いの場で、ソフトバンクがモニタス立ち会いのもと計測(9月2日 14:00~16:00)

 Massive MIMOサービスは、ソフトバンクの「SoftBank 4G」とワイモバイルの4G(AXGP)対応端末が対象となる。まずは全国43都市100局で開始し、順次拡大していくとした。

最終更新:9/12(月) 10:35

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。