ここから本文です

Tesla、ソフトウェアアップデートで自動運転機能をより安全に──「5月の死亡事故は避けられただろう」とマスクCEO

ITmedia ニュース 9月12日(月)10時51分配信

 米Tesla Motorsは9月11日(現地時間)、「Model S」の車載ソフトをバージョン8.0にアップデートすると発表した。このアップデートで、自動運転機能「Autopilot」を大幅に改善する。

自動運転中もハンドルに手を添えておく必要がある

 同社の自動運転機能は、2015年10月にModel Sに追加された。車載カメラ、レーダー、超音波センサーなどで収集するデータに基いて環境をリアルタイムで解析しつつ自動運転する(米国道路交通安全局が定義する自動運転のレベル2に相当し、責任はドライバーが負う)。

 これまではカメラからのデータが解析の中心だったが、今回のアップデートでレーダーからのデータが解析の中心になるという。

 カメラでは濃霧や豪雪などの悪天候の中では障害物を“見る”ことができないが、レーダーであればそれが可能だ。従来レーダーを中心にしてこなかったのは、レーダーはその性質上、障害物の大きさを正確に検知するのが難しいためだったという。例えば路上前方にある小さな空き缶でさえ障害物と判断してブレーキをかけることになる。今回のアップデートで、ハードウェアはそのままに、従来の6倍の情報の収集を可能にすることで、この問題を解決したとしている。

 また、Tesla車のデータをクラウド経由で収集・解析する「fleet learning」システムにより、例えば高速道路の標識など、衝突するはずもない高い位置にある物体をホワイトリスト化する。

 こうした改善により、不要なブレーキングを減らす一方、透明なUFOでさえ検知してブレーキングするという。

 同社のイーロン・マスクCEOは記者会見で、このアップデートで5月の自動運転中の死亡事故は防げただろうと語った。この事故についてTeslaは「晴天の光を反射する白いトレーラーの側面に自動運転機能もドライバーも気づかず、ブレーキが作動しなかった」と説明している。

 マスク氏は「これは完全な安全性を意味するわけではないことを強調しておきたい。完全なる安全性は達成不可能な目標だ。安全の確率を上げることが現実的に可能なことだ」とも主張した(米TechCrunchより)。

 5月の死亡事故については現在、米国道路交通安全局が調査中だ。9月にはオランダでもModel Sの自動運転中の死亡事故が発生しており、こちらも原因を調査中だ。

最終更新:9月12日(月)14時7分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]