ここから本文です

文部科学省が映画「聲の形」とコラボ 啓発ポスターを配布

ねとらぼ 9月12日(月)11時0分配信

 文部科学省がアニメ映画「聲の形」とタイアップし、啓発ポスターと特設サイトを設置。注目を集めています。

【特設サイト】

 映画「聲の形」は、同名の少年漫画を原作にしたアニメーション映画で、主人公の石田将也や聴覚障害があるヒロイン・西宮硝子ら少年少女それぞれの青春を描いています。作中障害が大きなテーマとして扱われていることから、いじめや自殺、障害のある子どもたちの理解を広めるために、今回のタイアップが決定しました。

 ポスターにはヒロインの西宮硝子に向かって、主人公の石田将也が声をかける姿と「勇気をもって心の声を伝えよう」というメッセージ。そして空白の吹き出しに「君なら何て言う?」というコメントが添えられています。まさしく作品の雰囲気に合ったポスターに仕上がっています。

 また、タイアップに伴い開設された特設サイトには、スペシャルコンテンツとして「もし学校に障害のある子がいたら?」などのQ&Aの他、山田尚子監督へのインタビューも掲載される予定です。映画「聲の形」は、9月17日に公開予定です。

最終更新:9月12日(月)11時0分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。