ここから本文です

iKON、デビューイヤー2度目となるジャパンアリーナツアー開幕

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月12日(月)16時0分配信

iKONが、デビューイヤーに2度目となる全国アリーナツアー『iKON JAPAN TOUR 2016』を9月10・11日の千葉・幕張メッセイベントホール公演よりスタートさせた。

【詳細】他の写真はこちら

『a-nation stadium fes. powered by dTV』味の素スタジアム公演への初出演や、『お台場みんなの夢大陸めざましライブ』出演など、日本でも高い注目度を誇る彼らのライブは2回公演となっており、朝早くから多くのファンが会場周辺でCD、グッズの購入、オフィシャルファンクラブへの入会などで来場し、会場を賑わせていた。

開演時間も迫ってきた会場内では、半年ぶりのツアーをこの目で見ようと集まった8,000人のファンが、今か今かと待つ熱気で充満していた。

場内が暗転し、オープニングを告げるピアノ曲がかかると会場には一時、静寂が訪れるが、メンバーの登場と共に大きな歓声がわき起こった。そしてオープニングが終わる頃、B.Iの「Party people!」の声を合図に、9月28日発売のシングル「DUMB & DUMBER」でライブがスタート。一気にヒートアップした会場のファンは曲にあわせて大合唱となった。

ライブは彼らの大人気曲「RHYTHM TA REMIX(Rock Ver.)」「MY TYPE」を始め、ニューシングルに収録されている新曲「#WYD」や韓国未発表曲「LOVE ME」「SINOSIJAK REMIX」、デビュー前の人気曲など余すことなく披露。また今回は、WINNERからラッパーのMINOがゲストとして登場し、BOBBYとのユニット、MOBBの楽曲「FULL HOUSE -KR Ver.-」を披露するなど見どころ満載のライブとなった。

MCでは「半年ぶりの日本ツアーを楽しみにしていました! また皆さんに会えて幸せです!」「すぐ戻ってくるって約束しましたよね? 約束守りましたよ!」と半年ぶりの日本でのステージを楽しんでいた。

アジア8ヵ国をまわるツアーを行い、すでに貫禄のあるパフォーマンスで、会場はオープニングからアンコールまで興奮のピークが切れることなく初日のライブは終了した。

このあと『iKON JAPAN TOUR 2016』は、全国6都市16公演で17万6,000人を動員予定。デビューイヤーとなる2016年のツアーで通算32万2,000人を動員するという、新人としては異例となる驚異的な人気の高さを示すことになる。

ライブでも全曲披露された、日本オリジナルとなる1stシングル「DUMB & DUMBER」は、9月28日に発売決定。

シングルには、デビューアルバム収録の大人気曲「DUMB & DUMBER」をはじめ、今年5月にリリースされ世界各国の配信チャートで1位を獲得した「#WYD」、そして韓国未発表の日本エクスクルーシブ楽曲として「LOVE ME」と前回のツアーでも披露されていた「SINOSIJAK REMIX」の全4曲を日本語バージョンで収録される。

さらにDVDには「DUMB & DUMBER」ミュージックビデオ、「#WYD」ミュージックビデオとメイキング映像に加え、先のツアーで公開され話題となった、こちらも日本エクスクルーシブとなる「ANTHEM REMIX (CHOICE37 Ver.) / B.I&BOBBY」ミュージックビデオと、ライブ映像で特別編集された「SINOSIJAK REMIX(iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN Ver.)」という日本語バージョン4曲の映像を収録。

そして、このシングルの発売を記念したリリースイベントの開催も決定! このリリースイベントは、10月22日パシフィコ横浜、10月23日神戸国際展示場の2会場で行われるもので、初回盤(CD+DVD+スマプラ<AVCY-58416/B>・CD+スマプラ<AVCY-58417>2形態対象)に封入されているシリアルアクセスコードにて応募抽選で参加できる『リリース記念 メンバーソロ握手イベント』を実施。あわせて、アリーナツアーの「リハーサル観覧」や「記念集合撮影会」「オフィシャルハイタッチ見送り」など豪華特典応募キャンペーンも行われることになった。

さらに、先着販売で、iKONIC JAPAN SHOP・YGEX SHOP限定で発表された対象商品を予約購入すると先着で参加できる『メンバー全員ハイタッチイベント』の開催も決定。メンバーに間近で触れ合えるこのイベントの詳細は、オフィシャルサイトまで。

また、今回のツアーで初披露されたWINNERのMINOとiKONのBOBBYによるユニット、MOBBの配信限定E.P.「HIT ME」は、iTunes、mu-mo、レコチョクほか各配信サイトにて9月13日より日本国内でも配信限定リリースが決定している。

リリース情報
2016.06.22 ON SALE
Blu-ray&DVD「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」

2016.09.28 ON SALE
SINGLE「DUMB & DUMBER」

ライブ情報
iKON JAPAN TOUR 2016
09/24日(土) 愛知・日本ガイシホール
09/24日(土) 愛知・日本ガイシホール
09/25日(日) 愛知・日本ガイシホール
10/05日(水) 大阪・大阪城ホール
10/06日(木) 大阪・大阪城ホール
10/06日(木) 大阪・大阪城ホール
10/08日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
10/08日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
10/10日(月・祝) 福岡・マリンメッセ福岡
10/10日(月・祝) 福岡・マリンメッセ福岡
10/26(水) 東京・国立代々木競技場第一体育館公演 ※追加公演
10/26(水) 東京・国立代々木競技場第一体育館公演 ※追加公演

iKON OFFICIAL WEBSITE
http://ygex.jp/ikon/

最終更新:9月12日(月)16時0分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。