ここから本文です

刑務所での一夜はいかが、インドが観光客誘致作戦

ロイター 9月12日(月)11時39分配信

[サンガーレッディ(インド) 9日 ロイター] - インド南部テランガーナ州サンガーレッディの旧刑務所が、観光客向けに、刑務所の生活を体験できるユニークなプログラムを提供している。

刑務所の体験プログラムに申し込んだ観光客は、囚人服や寝具類、石けん、食器類などが支給される。そして監房に連れていかれ、そこで一夜を過ごすことになる。費用は500インドルピー(約800円)。

州の担当者は、観光業の促進につながるだけではなく、刑務所の生活の厳しさについて人々を教育することもできる、と強調。「何があっても犯罪には手を染めるな、というメッセージを送りたい」と語った。

観光客を受け入れているこの建物は1796年に建設されたもので、当初は騎兵隊の兵舎として使用されていたが、後に刑務所に転用された。刑務所は2012年に閉鎖され、今はインドの犯罪や刑務所の生活に関連した絵画や工芸品などを展示するミュージアムとなっている。

最終更新:9月12日(月)11時39分

ロイター