ここから本文です

「こち亀」ギネス世界記録に認定 「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」

ITmedia ニュース 9月12日(月)11時42分配信

 集英社は9月12日、秋本治さんの漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こち亀)が、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。同作品がギネス世界記録に認められるのは初めてという。

【その他のイラスト】

 こち亀は、1976年9月に「週刊少年ジャンプ」で連載スタート。40年間1度も休載することなく続いてきたが、9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号で連載を終えると集英社が発表している。17日にはコミックス最終巻の200巻も同時発売する予定で、同巻を含めた発行巻数がギネス世界記録に認定されたという。

 連載終了について、秋本さんはこのほど「200巻は作家にとって、勲章みたいなもの」と公式サイトでコメント。「区切れの200で止めるのがぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときにスッと消える感じが両さんらしい」としている。

最終更新:9月12日(月)11時42分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]