ここから本文です

新垣結衣、結婚で譲れないポイントは?「ar」10月号

cinemacafe.net 9月12日(月)21時30分配信

10月期放送ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」にて主演を務める女優・新垣結衣が、「ar」10月号のファッション特集号にカバーガールとして登場。表紙では今年のトレンド・ニットのセットアップを女性らしく着こなし、本誌内インタビューでは自身の結婚観などを明かした。

【画像】「ar」10月号本誌内

新垣さんは、女子小中学生向けファッション誌「ニコラ」の専属モデルとして大活躍し、以降、バラエティ番組や女優業へ進出。「トゥルーラブ」でドラマ初主演を飾ると、土9ドラマ「ギャルサー」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」など立て続けに出演し、「全開ガール」で連ドラ初主演。「リーガル・ハイ」「空飛ぶ広報室」「掟上今日子の備忘録」など数々の話題作に出演し、幅広い役柄を好演。また、『恋するマドリ』では映画初主演を務めるととともに主題歌で歌手デビュー。そのほか『恋空』『ハナミズキ』など出演作が大ヒットし、『トワイライト ささらさや』では初の母親役を熱演。この秋からは、ラブコメ初挑戦の星野源と初共演で“契約結婚”を題材にしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の放送が控える。

そんな新垣さんが、雑誌「ar」10月号のファッション号に登場。今年のトレンドのニットのセットアップを着こなし、ほどよいボディコンシャス感と、モヘア素材からのぞく肌見せが女らしさを演出。その女らしさを、スポーティーなキャップで外すことで、全体のバランスを考えスタイリングされたとのこと。モデル超えのスーパースタイルとその美貌を遺憾なく発揮している。

本誌内インタビューでは、就職難の末に“サラリーマンの妻”という仕事で契約結婚を果たす25歳新妻・森山みくりを演じるドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に引っ掛けて、自身の結婚観についてもコメント。「結婚はいつかしたいなと思っています」と明かし「理想としては、一緒に何かできる方が嬉しい。それぞれ互いの楽しいことをシェアして共有し合える仲だと嬉しいな」と理想の結婚像を語った。

また、「相手に、私の“ネボスケ”をどうか許してほしい」そうで「寝ることが本当に好きなんですよね。3度寝最高(笑)」と結婚で譲れないポイントも明かした。

そのほか、佐藤栞里を起用した、乙女ゴゴロをつかんで離さないグリッターアイテムの特集「栞里のグリッターパラダイス」などを掲載。秋の乙女のファッション感覚を刺激する一冊になっているようだ。

「ar」10月号は9月12日(月)より発売。

最終更新:9月12日(月)21時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。