ここから本文です

同時多発攻撃「記念セール」に抗議殺到、米マットレス店が閉鎖へ

ロイター 9月12日(月)12時1分配信

[オースティン(テキサス州) 9日 ロイター] - 米同時多発攻撃がら15年を迎えた米国では追悼ムードが広がっているが、テキサス州のマットレス店が事件にちなんだ「記念セール」の広告を打ったところ、悪趣味との抗議が殺到、同店は閉鎖に追い込まれた。

サンアントニオのミラクル・マットレスがソーシャルメディアに掲載した広告では、同時多発攻撃の標的となったニューヨークのツインタワーに見立てるかのように、積み上げたマットレスを崩す場面がある。

同店のオーナーは8日に謝罪し、9日には店を閉じると発表した。

最終更新:9月12日(月)12時1分

ロイター