ここから本文です

ブリヂストン、鳥栖工場と彦根工場がGMのサプライヤー賞を初受賞

レスポンス 9/12(月) 17:00配信

ブリヂストンは、同社鳥栖工場と彦根工場がゼネラルモーターズ(GM社)の「2015 サプライヤー クオリティ エクセレンス アワード」を受賞したと発表した。

[関連写真]

同賞は、世界中のサプライヤーの中からGM社が定める製品品質や品質マネジメントシステムなど13項目の「品質」に関わる厳しい基準全てを満たした製造拠点に授与される賞。同社鳥栖・彦根両工場は初受賞となる。

8月18日に鳥栖工場で開催された受賞式には鳥栖工場 岩國工場長、彦根工場 森田品質保証課長、グローバル直需マネジメント・ビジネスモデル開発本部 田村本部長らが出席。ゼネラルモーターズ・ジャパンのグローバルサプライヤー クオリティー&デベロップメント サプライヤークオリティエンジニアリングから受賞楯を授与した。

なお、今回は同社グループの米国・ウィルソン工場、ポーランド・ポズナン工場、フランス・ベチューン工場、スペイン・ブルゴス工場、ブラジル・サントアンドレ工場も同賞を受賞している。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/12(月) 17:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。