ここから本文です

アマゾンとパンドラ、新たな楽曲配信を数週間以内に開始=NYT

ロイター 9月12日(月)12時2分配信

[11日 ロイター] - 米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は11日、複数の関係者の話として、米オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>と米インターネット・ラジオのパンドラ・メディア<P.N>がそれぞれ数週間以内に新たな楽曲配信サービスを開始すると伝えた。

NYTによると、パンドラは今週中に現行の月額5ドルでの楽曲配信サービスの拡充を発表する可能性があり、新たなサービスでは、スキップできる楽曲数が増えたり、数時間分の楽曲リストを保存する機能が追加される可能性があるという。

一方、アマゾンは月額10ドルかその半額程度での楽曲配信サービスを発表する見通し。同サービスはアマゾンの音声認識機能付きスピーカー「アマゾン・エコー」上で利用可能という。

NYTによると、アマゾンとパンドラは、レコード会社や音楽出版社との交渉を近く終えるとみられ、これをもって新サービスの提供が可能になる。

パンドラはコメントを拒否。アマゾンにもコメントを求めたが回答していない。

最終更新:9月12日(月)12時2分

ロイター