ここから本文です

Apple、自動運転車事業「Project Titan」を再考か?──New York Times報道

ITmedia ニュース 9月12日(月)12時42分配信

 米Appleが、自動運転車プロジェクトを部分的に終了し、数十人の関連従業員をレイオフしたと、米New York Timesが9月9日(現地時間)、この件について知らされた3人の情報筋の話として報じた。

 Appleが「Project Titan」というコードネームの下、自動運転車を開発しているといううわさは2015年2月ごろから浮上している。

 同社は過去2年間、このプロジェクトに多数の人材を投入してきたが難航しており、7月には故スティーブ・ジョブズ氏の信頼も篤かったボブ・マンスフィールド氏がトップになったという。

 4月には、同プロジェクトからBMWと独Daimlerが撤退したといううわさもあった。

 Appleは従業員に対し、このレイオフは自動車プロジェクトの“再起動”の一環だと説明したという。

 マンスフィールド氏の下で、同プロジェクトはその目的をオリジナルの自動運転車を設計・製造することから、自動運転技術の構築に変更したという。

 この戦略変更が本当であれば、同社のジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)によるミニマムデザインの自動車登場は期待できないだろう。

最終更新:9月12日(月)12時42分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]