ここから本文です

Apple、自動運転車事業「Project Titan」を再考か?──New York Times報道

ITmedia ニュース 9/12(月) 12:42配信

 米Appleが、自動運転車プロジェクトを部分的に終了し、数十人の関連従業員をレイオフしたと、米New York Timesが9月9日(現地時間)、この件について知らされた3人の情報筋の話として報じた。

 Appleが「Project Titan」というコードネームの下、自動運転車を開発しているといううわさは2015年2月ごろから浮上している。

 同社は過去2年間、このプロジェクトに多数の人材を投入してきたが難航しており、7月には故スティーブ・ジョブズ氏の信頼も篤かったボブ・マンスフィールド氏がトップになったという。

 4月には、同プロジェクトからBMWと独Daimlerが撤退したといううわさもあった。

 Appleは従業員に対し、このレイオフは自動車プロジェクトの“再起動”の一環だと説明したという。

 マンスフィールド氏の下で、同プロジェクトはその目的をオリジナルの自動運転車を設計・製造することから、自動運転技術の構築に変更したという。

 この戦略変更が本当であれば、同社のジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)によるミニマムデザインの自動車登場は期待できないだろう。

最終更新:9/12(月) 12:42

ITmedia ニュース