ここから本文です

核実験場周辺出身の脱北者 人体影響調査を検討=韓国

聯合ニュース 9月12日(月)14時33分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は12日の定例会見で、北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道吉州郡に住んでいた北朝鮮脱出住民(脱北者)を対象に、核実験による人体への影響を調査する案を検討していると明らかにした。

 この問題については脱北者団体の統一ビジョン研究会が今月初め、吉州郡出身の脱北者への調査を行った結果として、同地の住民たちがさまざまな病気に苦しんでいると発表している。

 鄭報道官はこれに対し、「相当な信ぴょう性があると判断される」として、「今後、追跡調査などの活動を行う」と述べた。

 同部関係者は「機会があれば、政府レベルで(脱北者を通じ)北の核実験が(核実験場)周辺の住民に与えた影響を調べられると思う」との考えを示した。韓国政府は豆満江など中朝国境地域で北朝鮮の核実験が環境に与える影響を調査してきたという。

最終更新:9月12日(月)15時0分

聯合ニュース