ここから本文です

【全米テニス】バブリンカがジョコビッチを下し初優勝!大一番に強い!ツアー決勝では11連勝

スポーツ報知 9月12日(月)9時48分配信

◆テニス 全米オープン最終日 決勝 バブリンカ3―1ジョコビッチ(11日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

【写真】優勝トロフィーを大事そうに抱えるバブリンカ

 男子シングルスは第3シードのスタン・バブリンカ(31)=スイス=が初優勝した。

 決勝で第1シードの王者ノバク・ジョコビッチ(29)=セルビア=を6―7、6―4、7―5、6―3で下した。優勝賞金は350万ドル(約3億5000万円)。「何が起きているのか分からないくらい。すごくうれしい。プレッシャーはあったけれど、いい雰囲気の中で試合ができた」と話し、優勝トロフィーを大事そうに両手で掲げた。

 15年前にニューヨークで起きた9・11同時多発テロへ追悼の意を込め、コート脇に「9/11/01」と発生時の日付が刻まれた。決勝にふさわしく、第1セットから好プレーが続いた。ジョコビッチは5―2とリードしたが、第1サーブ成功率が上がらないところを、バブリンカに狙われタイブレイクへもつれる。2人ともネット前に近付き、ボレーとスーパーレシーブで19本もの攻防を繰り広げて会場を沸かせた。

 第1セットはジョコビッチが取ったものの、終盤に追い上げ勢いのあるバブリンカが、第2セットは奪い返す。第3セットも2度のブレイクチャンスを確実に生かして2―1とリードした。第4セットに入ると、ジョコビッチは右足人さし指から出血し、2度のメディカルタイムアウトを要求。負傷の影響からか試合中盤から動きは鈍く、鉄壁の守備を誇る王者らしくないミスも出た。

 バウリンカは準決勝で第6シードの錦織圭(26)=日清食品=を破って決勝に進出。準々決勝の勝利後には会見で「フェデラー、ナダル、ジョコビッチに優勝回数では決して及ばない。何をモチベーションにしているのか」と辛口な質問が飛んでいた。「テニスを楽しんでいるし、愛している。たくさんの観客の前でプレーするチャンスがある。それが自分の情熱になっている」と冷静に切り返した31歳。14年全豪、15年全仏を含め、これでツアー決勝は11連勝という大舞台での強さを発揮し、初タイトルをつかんだ。

最終更新:9月12日(月)14時50分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]