ここから本文です

GLM、本社移転で研究開発拠点を拡大…新型スポーツEVの開発を加速

レスポンス 9月12日(月)18時1分配信

日本初の量産スポーツEV『トミーカイラZZ』を開発したGLMは、京都市に自社ビルを取得し、2017年3月上旬に本社を移転すると発表した。

[関連写真]

GLMは、京都駅から車で10分の好立地に4階建てのビルを取得し、本社および研究開発拠点を同地に移す。土地と建物は東京の医薬品卸会社から購入し、ビルは外観内観ともに全面改装。2016年11月から着工し、本社移転は来年2017年3月上旬を予定している。

地上4階建て(延べ床面積2151平米)のビル1階と2階に開発拠点を開設し、3階4階を本社機能とする計画。開発拠点は現在の10倍程度の広さになり、ボディ設計の精度を上げるレイアウトマシン(三次元測定機)など専用設備を導入。GLMでは次世代モデルのコンセプトカーをパリモーターショーで発表する予定で、開発能力を高め、トミーカイラZZに次ぐ、スポーツEVの新車開発を加速させる。

また新車開発のための組織体制も強化。本社移転時期までに、30人の経験者を新たに採用する計画で、自動車設計エンジニア(車体・シャシー・ドライブトレイン・内装・EVシステム等)および国内外事業を構築するメンバー等を拡充する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月12日(月)18時1分

レスポンス