ここから本文です

ジェンティルドンナが顕彰馬に

デイリースポーツ 9月12日(月)12時1分配信

 JRAは12日、16年度の顕彰馬にジェンティルドンナが選出されたと発表した。今年度から選定の対象となった同馬は記者投票で155票を集め、選定基準となる投票者198人の4分の3以上(149票)をクリア。顕彰馬の選出は昨年度のオルフェーヴルに続き、32頭目となった。

 12年に史上4頭目の牝馬三冠を達成。勢いに乗って臨んだジャパンCでは、前年の牡馬三冠馬オルフェーヴルを一騎打ちの末に打ち負かし、この年の年度代表馬に選ばれた。13年は史上初のジャパンC連覇を成し遂げ、14年はドバイシーマクラシックで海外G1タイトル初制覇。ラストランとなった有馬記念は、道中3番手から力強く抜け出して見事な有終の美を飾った。

 通算19戦10勝(うち海外2戦1勝)。現在は北海道安平町のノーザンファームでけい養されており、今年2月にはキングカメハメハ産駒の初子が誕生している。

 現役時代にジェンティルドンナを管理していた石坂師は「このたびはジェンティルドンナが顕彰馬に選出され大変光栄です。これまでも多くの競走馬を管理してきましたが、ジェンティルドンナからたくさんのことを学び、育てられたことは大きな財産です。子どもたちにはもちろん期待をしていますが、ジェンティルドンナ自身も元気で長生きしてほしいと願っています」とコメントした。

 なお、顕彰者には今年2月末に定年退職した橋口弘次郎元調教師が選出された。

最終更新:9月12日(月)12時44分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]