ここから本文です

大阪府立消防学校で集団体調不良 142人が発熱など

朝日新聞デジタル 9月12日(月)13時15分配信

 大阪府は12日、府立消防学校(同府大東市)で集団体調不良が発生したと発表した。在校生227人のうち、142人が38度程度の発熱や頭痛、のどの痛みなどの症状を訴えている。12日から当面休講とし、府が原因を調べている。

 府によると、週末の10、11日に64人が体調不良となり、さらに12日には78人が体調不良で欠席して医療機関で診察を受けている。「風邪」や「へんとう炎」と診断された人がいたが、原因はまだ不明という。入院した人はおらず、週末に体調不良を訴えた64人のうち17人はすでに回復しているという。教員33人に体調不良の人はいないという。

 同校では市町村消防で採用された10~20代を中心に全寮制で6カ月間学ぶ。

朝日新聞社

最終更新:9月12日(月)13時15分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。