ここから本文です

バイオリニスト庄司紗矢香 11年ぶりの来韓公演へ

聯合ニュース 9/12(月) 15:31配信

【ソウル聯合ニュース】日本のバイオリニスト、庄司紗矢香が11年ぶりとなる来韓公演を行う。公演は23日、27~29日に開催される。

 23日はソウル・芸術の殿堂コンサートホールで開かれるソウル市立交響楽団の定期公演で、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番を演奏する。指揮はラハフ・シャニが務める。ソウル市響との共演は5年ぶり。

 また、韓国のピアニスト、ソン・ヨルムとのデュオ・リサイタルを釜山(27日)、蔚山(28日)、ソウル(30日)で開く。モーツァルト、シューマン、ベートーベン、ラヴェルの楽曲を演奏する。

最終更新:9/12(月) 16:42

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。