ここから本文です

ジャニーズJr.の真田佑馬 初座長公演「プレッシャーで眠れない」

デイリースポーツ 9月12日(月)13時10分配信

 ジャニーズJr.の真田佑馬(23)が12日、都内でミュージカル初主演となる音楽劇「ダニー・ボーイズ~いつも笑顔で歌を~」(10月26日初日、東京国際フォーラム)の製作発表会見を行い、初座長を務める心境を「決まってからずっと緊張しています。プレッシャーで眠れない日々が続いています」と打ち明けた。

 同作は島田虎之介氏原作の漫画「ダニー・ボーイ」を初舞台化したもので、真田は1970年代中盤に米NYで活躍した日本人俳優・伊藤幸男を演じる。黒のタキシードとオールバックの髪型で登場した真田は「(出演を)知ったのはポスター撮りの前。いきなりオールバックにされたので『あっ、歌うんだ』と思いました」というほど。会見で自身のオールバックを「似合ってないですよ」とアピールすると、共演の柄本時生(26)らから「そうでもない」と指摘され、と笑顔をのぞかせた。

 真田は自身のゲンかつぎを「神社仏閣を大事にしています」と明かし、今年の1月に奈良の三輪山に登山してから「リフレッシュできた。今年はケガなく頑張ってこられた」と振り返った。音楽劇だけに自身が力づけられた音楽を「ジャニーズ事務所ですから、先輩たちが歌ってこられた数々の曲をどういう思いで歌ってこられたのかが分かる。聞いていると自信が湧いてくる」と力を込めた。

最終更新:9月12日(月)13時16分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。