ここから本文です

「月刊ムー」37年の歴史を振り返るイベント「ムーフェス」開催 オカルト、ミステリー知識を問う検定も

ねとらぼ 9月12日(月)14時40分配信

 オカルト系雑誌「月刊ムー」は11月号で創刊37周年を迎えることを記念して、同誌初となるイベント「ムーフェス」を開催すると発表しました。

【これは欲しい!(ムー PLUS)より】

 創刊時から企画監修に携わっている超常現象研究家の南山宏さん、編集長の三上丈晴さんが出演し、「月刊ムー」の歴史を振り返るパネル展示やトークイベントを実施。また、初の試みとなる「ムー検定」を受けることもできます。同誌に掲載された超常現象やオカルト、ミステリーに関する知識を問う内容になっています。

 参加すると特製缶バッヂが、合格者には「合格者証」に加え、「特別認定証」の購入権などが与えられます。なお、同誌のWebメディア「ムー PLUS」によれば、「これらのアイテムが魔除け、開運、モテなどに効果があるかどうか、編集部では調査中」とのこと。ほう……なにやら怪しい代物ですなあ。

 開催日は10月10日で、申込受付は9月29日まで。「ムーのひみつ 1979~1999/2000~2016」の2回公演となっており、場所は新お茶の水ビルディング(東京都千代田区)。参加料は3500円(税込)です。

最終更新:9月12日(月)14時40分

ねとらぼ