ここから本文です

中古車売れ筋ランキング…ダイハツ タント が首位 3-8月期

レスポンス 9/12(月) 18:59配信

IDOM(旧・ガリバーインターナショナル)は、2016年度上半期(3~8月)中古車売れ筋ランキングを発表した。

[写真:スズキ・ワゴンR]

1位はダイハツ『タント』、2位がスズキ『ワゴンR』で、ハイト系軽自動車が上位となった。3位は日産『セレナ』、4位がダイハツ『ムーヴ』、5位がホンダ『フィット』となった。

上半期1位のタントのようなスーパートールワゴン系は、現行モデルからひとつ前のモデルといった、比較的新しいモデルが人気。対照的にワゴンRなど歴史の長いトールワゴン系の車種は、現行モデルよりも、やや古いモデルが主力となっており、新車を含む高年式車は、より背の高いモデルへ人気が移行する傾向がみられる。

普通車で上位にランクインしたセレナは、新型に自動運転技術を搭載したことで話題となった影響や、先代セレナの販売が好調だったことから、上位を維持した。

6位はトヨタ『プリウス』、7位がホンダ『ステップワゴン』、8位がスズキ『ラパン』、9位がホンダ『N BOX』、10位がトヨタ『ヴォクシー』だった。

フルモデルチェンジしたプリウスは、3代目プリウスの人気が高く、ランキング上位につけるほどの流通量がある。かなり手ごろ感がある価格帯から極上個体まで幅広い流通量がこれを支えている。

全体的には、ミニバンやコンパクトといった、実用的な車種が多く占めている状況が続いている。

全体的に、ミニバンや軽トールワゴンなどの「広く快適な空間」や、ハイブリット車などの「最新技術」、女性向けの「デザイン性」を持つ車種が上位を占めており、自動車に求める要素は多様化している。

下半期では、ダイハツから発売された『ムーヴキャンバス』などの新型車が発売されるため、競合車種の動向も合わせて注目されるとしている。


《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/12(月) 18:59

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。