ここから本文です

朴大統領、リオパラリンピックのメダリストに祝電=韓国

WoW!Korea 9月12日(月)16時2分配信

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は12日、2016リオデジャネイロパラリンピック卓球女子個人種目のソ・スヨン選手(銀メダル)、水泳男子平泳ぎ100メートル種目のイム・ウグン(銀メダル)、射撃25メートルピストル種目のイ・ジュヒ選手(銅メダル)にそれぞれ祝電を送り激励した。

 朴大統領は祝電で「手首にラケットを包帯で巻いて競技に臨むソ・スヨン選手の姿は多くの人に深い感動と希望を抱かせた」とし、「大変な状況に強靭な精神力で勝ち、大韓民国の名誉を高めたソ・スヨン選手が本当に誇らしい」と評価した。

 続けて「パラリンピック3大会連続出場および2大会連続のメダル獲得という価値ある成果を成し遂げたイム・ウグン選手は、韓国国民に限界に挑戦する熱い情熱を見せてくれた」とし、「4年間変わらずに努力した誇らしいイム・ウグン選手に国民と共に感謝と激励の意を表す」と伝えた。

 朴大統領はまた「難しい条件を踏んで今大会で2個目のメダルを首にかけたイ・ジュヒ選手の姿は、できるという信頼がどれほど重要なのか再び呼び覚ます契機になった」とし、「自らの限界を克服して、パラリンピックに向かって休むことなく駆け抜けたイ・ジュヒ選手の情熱と挑戦精神に国民と共に熱い拍手を送る」と称賛した。

最終更新:9月12日(月)16時2分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。