ここから本文です

400年以上の伝統を受け継ぐ志摩の文楽「安乗人形芝居」、年に一度の上演会 /三重

みんなの経済新聞ネットワーク 9月12日(月)17時46分配信

 安乗(あのり)神社(志摩市阿児町安乗)境内で9月15日・16日、安乗地区で400年以上続く人形浄瑠璃「安乗文楽・安乗人形芝居」の年に一度だけの公演が開催される。(伊勢志摩経済新聞)

【その他の画像】安乗文楽の練習風景

 豊臣秀吉に仕え水軍として活躍した九鬼嘉隆が1592年の文禄の役出兵の際に、同地の八幡宮(同神社)に海上安全と戦の勝利を祈願すると、朝鮮での合戦に勝利した。同年8月15日にお礼参りに訪れた際、村人に人形芝居を行うことを許可したとされる。その時から現在まで続くのが安乗文楽。大正から昭和中期に一時途絶えたが、1951(昭和26)年に「安乗人形芝居保存会」が復活させ、後継者育成を目的に1978(昭和53)年、クラブ活動の一環として安乗中学校に「文楽クラブ」ができた。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 演目は、15日安乗小学校4~6年生が「勧進帳」、文楽クラブが「鎌倉三代記~三浦之助母別れの段」、同保存会が「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると) 巡礼歌の段」「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし) 大井川の段」を、16日、同保存会による「日高川入相花王(いりあいざくら) 渡し場の段」「壷坂観音霊験記 沢市山の段」「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち) 弁慶上使の段」を行う。

 メンバーは、本番前日まで練習を重ねる。同保存会会長の淺井弘之さんは「毎年、伝統を継ぐ重みを感じながら練習に取り組んでいる。当日はその思いを込めて演じるので、多くの人に見ていただければ」と思いを込める。

 両日開演は18時30分~。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月12日(月)17時46分

みんなの経済新聞ネットワーク