ここから本文です

英政府、インフラ事業加速を=EU離脱で商工会議所

ロイター 9月12日(月)15時10分配信

[ロンドン 12日 ロイター] - 英商工会議所は12日、同国の欧州連合(EU)離脱に伴う景気減速に対応するため、政府は大型インフラ事業に関する決定を急ぐべきだと表明した。

商工会議所は2016年の経済成長率予測を2.2%から1.8%に修正。2017年、2018年の成長率予測もそれぞれ1.0%、1.8%に下方修正した。

商工会議所の代表は「空港の滑走路新設、原発の新設、道路・鉄道建設など、ビジネスの活性化につながるインフラ事業が、あまりにも長期にわたって棚上げにされており、政府は対応を始めるべきだ」と述べた。

商工会議所は、2016年の設備投資を2.2%減、2017年を3.4%減と予想。従来予想はそれぞれ4.5%増、7.4%増だった。

最終更新:9月12日(月)15時10分

ロイター