ここから本文です

仙台で「ぼにぴんプレゼンツ 食と文化の石巻フェア」開催へ /宮城

みんなの経済新聞ネットワーク 9月12日(月)18時1分配信

 仙台駅に隣接する商業施設「エスパル仙台」で9月16日から、「ぼにぴんプレゼンツ 食と文化の石巻フェア」が開催される。主催は石巻市6次産業化・地産地消推進センター。(石巻経済新聞)

 「ぼにぴん」は、石巻市6次産業化・地産地消推進センターが運営するウェブマガジン。ポルトガル語で「かわいい」を意味する「ボニティンニャ」と「とびぬけて優れているもの」を意味する日本語の「いっぴん」を合わせた造語。石巻のさまざまな魅力を全国に伝えようと昨年11月にスタートした。

 同センターでは、これまでに市内事業者のブランディングや情報発信、商品開発など多岐にわたってサポートしてきた。支援先をはじめ、石巻の魅力を新しい視点から発信しようと今回のイベントを企画した。

 会場では、まちなかにある4店のレストランがタッグを組んだ「石巻ダイニング」の総菜販売や、週末には石巻こけしの絵付け体験などを展開する。後半5日間はウェブマガジン「ぼにぴん」の人気コーナー「石巻さかな女子部」に参加するメンバーがが「絶品!鯖バーガー」を販売。食や文化など多様な石巻の魅力を伝える商品、展示を並べる予定。ほかにも、「普段は石巻まで足を運ばなければ買うことのできない」という商品もそろえる。

 「ぼにぴん」を運営する塩坂佳子さんは「当イベントは、仙台の方々が近くてもなかなか触れることのなかった石巻の魅力に触れてほしいとの思いに共感してくれた事業者が参加する。イベントを通じて、普段ウェブで発信している石巻の魅力を体感してほしい」と話す。

開催時間は10時~20時30分。入場無料。今月25日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月12日(月)18時1分

みんなの経済新聞ネットワーク