ここから本文です

「Tカード」アクティブ会員6000万人突破 日本人の2人に1人が利用

ITmedia ニュース 9月12日(月)17時33分配信

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は9月12日、同社が発行している共通ポイントカード「Tカード」を直近1年間で利用したアクティブユニーク会員数が、2016年9月時点で6000万人を突破したと発表した。

 Tカードは、店舗やECサイトなど計56万店舗で共通ポイントサービス「Tポイント」を使えるカード。2003年10月に提供を始め、現在までのTカード累計発行枚数は約1億9000万枚に上るという。

 アクティブユニーク会員(直近1年間でTカードを使用した人のうち、複数枚所有している人の重複を除いたユニークな会員数)は、9月時点で6000万人を突破。日本総人口(1億2708万人、総務省統計局調べ)の約半数を占めるようになったとしている。

最終更新:9月12日(月)21時0分

ITmedia ニュース