ここから本文です

ボーガン?持ち、男がアパートに立てこもり 東京・立川

朝日新聞デジタル 9月12日(月)17時36分配信

 12日午後3時すぎ、東京都立川市富士見町2丁目の2階建てアパートの一室で、この部屋に住む20代男性がボーガン(洋弓銃)のようなものを持って立てこもった。人質は確認されておらず、警視庁が出てくるよう説得を続けている。

 立川署によると、男性の両親は、11日から連絡が取れない息子の安否を確認するため、午後3時ごろ、アパートを訪れた。部屋にはチェーンロックがかけられており、中の様子がわからなかったことから、警察に通報。警察官が室内に男性がいるのを確認したという。男性は一人暮らし。

 現場はJR立川駅から西に約1キロの住宅街。

朝日新聞社

最終更新:9月12日(月)17時36分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。