ここから本文です

熊本城キャラ「ひごまる」人気 頭にはばんそうこう

朝日新聞デジタル 9月12日(月)18時13分配信

 熊本城の天守閣をかたどった熊本市のイメージキャラクター「ひごまる」。全国的な「くまモン」の人気に隠れて影が薄かったが、熊本地震後にじわじわと注目を集めている。「被災の傷よ、癒えよ」と貼った巨大なばんそうこうも一役買っている。誕生10年目の今年は県外遠征に積極的に出向き、「ゆるキャラグランプリ」にも初挑戦する。

【写真】熊本城をかたどった熊本市のイメージャラクター「ひごまる」=熊本市提供

 8月下旬。熊本城のふもとの観光施設に登場したひごまるの屋根瓦部分には、「応急手当て」が施されていた。幅15センチ、長さ60センチ。地元企業「リバテープ製薬」の特注品だ。熊本でその社名はばんそうこうの代名詞として知られている。相棒役のありさお姉さん(23)が「熊本城が早く元気になりますように」と声をかける。

 熊本市観光政策課の古川嘉朗課長補佐は「キャラクターは元気なイメージが大事だが、リバテープを貼ることで、地震後の城の現状も反映しつつ復興へのメッセージを発信できるのではないかと考えた」と話す。

 6月に市から相談を受けたリバテープ製薬は、「復興の手助けをしたい」と快諾。屋外で動き回るひごまるの「肌」に合う粘着性や大きさを探って試作を重ね、8月に2種類計300枚を無償提供した。ひごまるは「リバテープを貼ってもらって、傷ついた熊本城の分までがんばるまる!」と喜ぶ。

朝日新聞社

最終更新:9月12日(月)18時13分

朝日新聞デジタル