ここから本文です

ロン・ハワード監督、『インフェルノ』は予想を裏切る衝撃の結末に!?

Movie Walker 9/12(月) 18:11配信

ダン・ブラウンの世界的ベストセラーシリーズの映画化で『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続く待望の続編『インフェルノ』(10月28日公開)。本作から原作者のダンとロン・ハワード監督が作品について語る特別映像とポスタービジュアルが解禁された。

【写真を見る】『インフェルノ』は“予想を裏切る大どんでん返し”が待ち受ける!?

映画化第3作となる『インフェルノ』では、過去2作品で数々の謎を解き明かしてきた天才象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)が記憶喪失という危機的な状況で謎に挑む。今回彼は、人口増加問題の解決策として人類滅亡という恐ろしい計画を企てる天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」に隠した暗号の謎を48時間以内に解き明かさなくてはならない。

映像のなかでロン・ハワード監督は「今回ラングドンが挑むのは今、まさに目の前にある人類の危機だ」とラングドンがシリーズの中でも現実感のある謎に直面することを明かし、「観客を驚かせるキャラクターを集め、展開が二転三転する。誰が敵か味方か分からない」と話し、ストーリーに関しても予想を裏切るような展開が用意されているようだ。

記憶喪失によってラングドンは天才的な知識が使えない危機的状況のなか、彼の命を狙う刺客に追われながら謎を解かなければならない。映像とポスタービジュアルから謎解きに加え緊迫のアクションシーンも見どころになることがうかがえる。

人類が生き延びる為に、いま人類を半分に減らすのか?100年後に人類が滅びようとも、今生きる人々の命を守るのか?ラングドンに突きつけられる究極の二択。監督自身、「予想を裏切る大どんでん返し」を宣言する衝撃の結末を劇場で見届けたい!【Movie Walker】

最終更新:9/12(月) 18:11

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]