ここから本文です

上野 今度はリーグ最多1965奪三振も「え?達成したんですか」

スポニチアネックス 9月12日(月)7時17分配信

 ◇第49回日本女子ソフトボールリーグ第6節 ビックカメラ高崎1―3日立(2016年9月11日 兵庫・尼崎など)

 レジェンドが連日の大記録だ。第49回日本女子ソフトボールリーグ(スポーツニッポン新聞社後援)は11日、兵庫・尼崎市などで第6節が行われ、ビックカメラ高崎の上野由岐子投手(34)は日立戦で2番手として登板。4奪三振でミシェル・スミスの持つリーグ最多奪三振記録(1962)を抜き1965奪三振の新記録を樹立した。試合は1―3で敗戦。日立の山田恵里外野手(32)はリーグ最多に並ぶ39本塁打を記録した。

 大人の投球術で200勝を飾った翌日、今度は力で記録をつくった。3回、先発の浜村が1点を失った直後、無死満塁で上野が緊急登板。最初の打者を直球で見逃し三振とし、豊田自動織機で活躍したミシェル・スミスの持つ奪三振記録に並んだ。続く打者には粘られながらも9球目に直球を投じ空振り三振。2者連続で、積み上げた奪三振を1963個とした。

 「昨日の状況とは違うからいいボールを使いました。抑えにいきました」。狙って奪い、樹立した新記録。直後に中前打を許し、5回には盟友でもある山田に被弾した。逆転勝ちを呼び込むことはできなかったが、3回を投げ4奪三振で1965へと数字を伸ばした。とはいえ、本人は記録には至って無関心。「奪三振の記録がいくつか知らないので…。え?達成したんですか。じゃあ、良かったです」と人ごとのように応じた。

 3敗目は2年連続優勝の道をやや険しくしたが、エースの復調は好材料。「チームとして勝ち星を増やしたい」。どんな記録をつくっても、上野が追い求めるものは変わらない。

最終更新:9月12日(月)7時17分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]