ここから本文です

オリ吉田正、異例の3戦連続お立ち台 先制&同点打でサヨナラ貢献

スポニチアネックス 9月12日(月)7時18分配信

 ◇パ・リーグ オリックス4-3ロッテ(2016年9月11日 京セラD)

 オリックスのドラフト1位・吉田正がまたもバットで魅せた。初回、涌井からの先制適時二塁打に加え、8回は内からの同点適時二塁打。前戦まで2試合連発に続き、またも3番の役割を果たした。異例の3試合連続でお立ち台に上がり「3番に入って初回に回ってくるので、1打席目を大事にしている。うまくタイミングが取れている」と喜んだ。

 吉田正の2打点もあり、チームは9回2死満塁から安達が押し出し四球を選んで、3連勝で今季5度目のサヨナラ勝ち。福良監督も「たいしたもんだね」と評した。ただ、二塁走者だった8回に捕手のけん制でアウトとなり、指揮官は「そういうところは勉強」と苦言。負ければ戦犯だった吉田正も「集中力と準備が足りなかった。練習からもう一度やりたい」と反省した。ミスも含めて、とにかく目立つ新人だ。

最終更新:9月12日(月)7時18分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]