ここから本文です

早大が開幕カードで勝ち点 ドラフト候補・石井主将2安打1打点

デイリースポーツ 9/12(月) 18:48配信

 「東京六大学野球、早大5-2法大」(12日、神宮球場)

 早大が快勝して対戦成績を2勝1敗とし、勝ち点1とした。三回に1番・八木健太郎外野手(3年・早実)の中前適時打で先制したのを皮切りに、六回まで1点ずつを奪って小刻みに加点。先発した小島和哉投手(2年・浦和学院)が七回途中2失点にまとめ、今季初勝利を挙げた。

 今秋ドラフト候補の主将、3番・石井一成内野手(4年・作新学院)は2安打1打点。五回1死満塁から、フォークをうまく中前に運ぶ適時打で、追加点をたたき出した。

 開幕から3試合連続本塁打がかかっていたが「ホームランを狙って凡打するより、内野の間を抜く打撃をした方がいい」と、大振りはせず。きっちり自分の仕事を果たした。1回戦で敗れてから盛り返し、開幕カードでの勝ち点を奪取。「連勝をいい勢いにして、次につなげていきたい」と、手応えをにじませた。

最終更新:9/12(月) 19:02

デイリースポーツ