ここから本文です

≪ドラマNOW≫「雲が描いた」パク・ボゴム、キム・ユジョンの看病をする

WoW!Korea 9月12日(月)22時54分配信

※ネタバレになる内容が含まれています。



 12日に放送されたKBSドラマ「雲が描いた月明かり」7話では、ヨン(パク・ボゴム)が看病してくれたことを知るラオン(キム・ユジョン)の様子が描かれた。

パク・ボゴムのプロフィールと写真

 ラオンはビョンヨン(クァク・ドンヨン)に「今回も私のせいでけがしたのですか? あの時の看病もしてくれて」と言うと、ビョンヨンは「私ではないと言った」と答えると、「兄さんでなければ誰だと言うのですか」と言い、ヨンのおかしな発言を思い出した。

 ヨンが看病してくれたことを知ったラオンは「兄さん、実に不思議です。ここに戻ってきたら、気持ちがどうしてこのように楽なのでしょう。兄さんが言ったでしょう。宮廷にはいい人がいないと。宮廷内の誰かが好きになれば、それなりに暮らせるところだと。兄さん、私は宮廷が好きになりそうで心配です」と笑みを浮かべた。

最終更新:9月12日(月)22時54分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。