ここから本文です

ソフトバンクの「Xperia Z5」にソフトウェア更新 新機能「充電方法の最適化」を追加

ITmedia Mobile 9/12(月) 19:34配信

 ソフトバンクは9月12日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z5」(501SO)のソフトウェア更新を開始した。今回の更新はAndroid 6.0へのOSバージョンアップしたものが対象で、更新後のビルド番号は「32.1.D.0.349」となる。

【今回の更新で追加される新機能】

 更新を適用すると、「充電方法の最適化」という新機能が追加される。この機能を有効にすると、バッテリーが満充電となる前に充電を止めるようになる。結果として、バッテリーへの負荷を減らし、バッテリーの物理的な寿命を延ばすことができる。ただし、バッテリーを満充電しないという特性上、端末の使用時間が短くなる場合がある。

 機能は標準では「無効」となっている。有効にするには、端末設定の「端末情報」→「機器の状態」→「充電方法の最適化」と進み、画面内のスイッチをオンにする。

 なお、機能の概要については更新完了直後に通知されるほか、先述の「充電方法の最適化」画面でも確認できる。

最終更新:9/12(月) 19:34

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。