ここから本文です

東尾理子 麻央ブログで乳がん検診に 授乳中は大丈夫ではない、と知る

デイリースポーツ 9月12日(月)19時13分配信

 プロゴルファーで2児の母である東尾理子(40)が12日、ブログで乳がん検診を受けてきたこと、結果は異常なしだったことを伝えた。乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央のブログ記事を読み、検診を受けたという。

 東尾は「乳ガン検診、行って来ました。授乳中は大丈夫。だと思ってたから、のばしのばしにしていた検診 けど、小林麻央さんの記事を読んで、そんな事はないんだと知り、行きました。結果は大丈夫でした」と報告した。

 麻央は第2子長男出産後9カ月で授乳中だった2012年2月にがんの可能性が五分五分と指摘され、その後大病院で再検査を受けるも、「授乳中のしこり」と心配なしと診断されたことをブログで明かしている。しかし、8カ月後の同10月に乳がんと診断された。

 東尾は第2子長女を今年3月に出産し、授乳中。医師からは「授乳中は大丈夫な事が多いんだけど、発達してる乳腺や母乳に隠れて、普段では触って気がつくはずのしこりが見つけにくい場合もある」と言われたことを明かし、「なるほど。過信せずに、定期的にちゃんと検診に行きます」と心に誓っていた。

 そして「麻央さん、大変な中、ブログをありがとうございます。そして、1日も早い回復を、お祈りしてます」と回復を祈った。

最終更新:9月12日(月)19時19分

デイリースポーツ